中洲のトクヨクで働いた経験

去年から冬には福岡へ出稼ぎに行くようにしています。そんな中で既に私は実は、3店舗もの中洲のトクヨクで働いています。どのお店にも、今のところ一応籍を置いています。福岡には働きやすいお店が多くて楽しいのです。
基本的に本州に住んでいるのですが、だいたい1年のうち3ヶ月は福岡・中洲に住んでいます。あまり会わない友達には留学している、と言っているのですがさすがに今年もとなるとなんて言い訳しようかな・・・と悩みます。
しかしそれでもやっぱり行きたくなっちゃうのが、福岡への出稼ぎなのです。もちろん、風俗の仕事は簡単だけど大変なこともあると思います。しかしそれでも楽しいことの方が圧倒的に多いからやっぱり良きたくなっちゃうのです。
中洲には出張で来ているサラリーマンも多くて、またハメを外して遊んでくれるのはこういう人の方が多いからやっぱり結局は、出稼ぎに来ても同郷のお客さんに会っちゃうとか結構あるんですけどね。但し、もちろん知り合いは皆無ですが。
そんな福岡への出稼ぎを私はある種、旅行だと思っています。仕事をしに行くのにちょっと不謹慎かもしれませんが、それでも旅行みたいに楽しい、いや旅行よりも楽しい点は費用がかからないっていうことかもしれませんね。

中洲のサラリーマンにとっての風俗

中洲の風俗へ出稼ぎに行くなら、中洲の風俗店に来るタイプのお客さんについて知っておくことをお勧めいたします。もちろん、中洲の風俗店というのはきっといろいろな面において楽しいのがお客さんからの感想でしょう。
もちろん、福岡でなくても風俗店に行くというのは男性にとっては月に1回とか、長い人では半年に1回くらいの「たまの楽しみ」です。そんな瞬間を楽しみにしている男性に喜んでもらう事こそが風俗嬢としてのやりがいでしょう。
また、出稼ぎ嬢だからと言って指名が取れないというのは間違っています。いくら月に1回と決めている男性サラリーマンでも、やっぱり会いたい風俗嬢にはちょっとくらい無理をしてでも会いたいのです。それは出稼ぎ嬢でも同じです。
あなたが福岡の風俗店へ出稼ぎに行って、もちろんグルメやレジャーも大事ですが、仕事の中にやりがいを求めるならやっぱりこういう点にこそこだわらなければいけないのではないでしょうか。それこそ、楽しいポイントになると思います。
きっとそれが一番の出稼ぎの魅力になっているというなら、それこそきっと大勢の前でいろいろな度胸を付けておかなければなりません。それが福岡の風俗へ働きに行くという場面において本当に楽しく、魅力になっていくはずです。

Search
Archives